2コラム・2ダズン法とは?少ない投資でコツコツ稼げ!

019tcdht

オンラインカジノのゲームと言ったら、ルーレットやスロット、ブラックジャックなど沢山ありますが、ギャンブルをするなら攻略法を駆使して戦略的に儲けたいところですよね!
オンラインカジノのルーレットは、中でも一番、攻略法が多いとされているカジノゲームなのですが、そんなルーレットで戦略的に勝ちを得るために、「2コラム・2ダズン法」と言う攻略法をお伝えしていこうかと思います。
「2コラム・2ダズン法ってどんな攻略法なの?」と詳しく知りたいと思っているあなたへ!

この記事でご紹介するのは、そんなオンラインカジノ、ルーレットで戦略的に儲けを得るための攻略法「2コラム・2ダズン法」。
皆さんも、長期戦に最も向いていると言われている「2コラム・2ダズン法」を使用して、ルーレットで楽しめる勝負をしていきましょう!

2コラム・2ダズン法を使って、ルーレット長期戦に挑もう!

ルーレット問わず、ギャンブル世界の投資法と言ったら代表的なもので「マーチンゲール法」と言うものがありますね。
マーチンゲール法の戦略は、こちらに詳しく書いてありますのでお暇であればどうぞ^^

>マーチンゲール法をルーレットで徹底研究したら勝てる気がしてきた

マーチンゲール法は、ゲームに負けた時に2倍賭けを行っていく攻略法となりますが、リスクは結構高いんですね、、
なぜなら、負けるたびに2倍賭けを行う事で、資金が10単位、100単位と急激に膨れ上がってしまうからです。膨れ上がった賭け金、当然、資金が底をつきて手持ちが「0に!」なんてこともあり得ますね。
そんな高いリスクを背負いながらルーレットをプレイしても、実際は楽しめませんよね?

今回お伝えしていく攻略法「2コラム・2ダズン法」は、マーチンゲール法類の攻略法とは異なる投資法なんですね。
ダズンベットとカラムベットの賭けで使用する攻略法となりますが、12個の数字を1グループとし、合計4グループ(4ヵ所)にチップを賭けてゲームを行うのが「2コラム・2ダズン法」。リスクが少なく勝率もよいので、とても長期戦向きの戦略と言われています。
まさに、ルーレットを長く楽しむためには欠かせない攻略法となりますね!

サラーっと説明してしまいましたが、ダズンベットやカラムベットの詳しい説明はこちらで確認してみてください^^

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

2コラム・2ダズン法、徹底解説!

では、早速「2コラム・2ダズン法」を詳しく解説していきたいと思います。

2コラム・2ダズン法が効果を発揮するのは、配当3倍!

2コラム・2ダズン法は、カラムベット、ダズンベットに対して行う戦略となりますので、この攻略法が扱える賭けは3倍配当(勝率3分の1)のみとなります。
カラムベット・ダズンベットの詳しい解説はこちらで説明していますのでご参考に^^

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

2コラム・2ダズン法、使い方

使い方がとてもシンプルな2コラム・2ダズン法!合計4ヵ所にチップを賭けていく簡単な戦略となります。

インサイドベットとアウトサイドベット

インサイドベットとアウトサイドベット

まず、ルーレットには2種類のものが存在します。一つ目はヨーロピアンルーレット、二つ目はアメリカンルーレット。
それぞれに共通して、インサイドベット(ストレートベット、コーナーベットなどが含まれます。)や、アウトサイドベット(配当2倍の赤黒賭けや配当3倍のダズン・カラムなどが含まれます。)
この2種類のエリアが存在しますが、「2コラム・2ダズン法」は、アウトサイドベットに存在する「ダズンベット」「カラムベット」で使用する攻略法となります。

ルーレットの種類やエリアの種類については、こちらに詳しく説明されているのでご参考に!!

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

ダズンベット・カラムベットは、互いに12点賭けの賭け方で、
ダズンベットの場合は、「1st 12(1~12)」「2nd 12(13~24)」「3rd 12(25~36)」つまり、1~12までの数字が1グループ、13~24までの数字が2グループ、25~36までの数字が3グループの合計3通りの賭けが存在します。
カラムベットの方は、一列(12個の数列)が合計3列あり、それら3列に対して賭ける方法となっています。「2:1」とも言われますね。

互いに3倍配当で勝率は3分の1ある賭けなのですが、「2コラム・2ダズン法」を使用する場合、ダズンベットの3グループの内、2グループを選抜。カラムベットの3列の数字の内、2列を選抜。合計4ヵ所に賭ける方法となります。

2コラム・2ダズン法、ゲームの進め方

【賭け金の設定】

ゲームを始める前に、4カ所に賭ける金額、1チップ当たりの単価を設定します。≪例≫1チップ=10ドル
※大きすぎる金額を設定すると、4ヵ所に同等の金額を賭けるため、賭け金が大きくなってしまいますので注意が必要です。

【ルールの設定】

こちらのルール設定は強制ではありません。しかし、大損しないためにも、ご自身でルールを決めておいた方がゲームの進行が比較的に楽になるかと思います。

例えば、
ルール① 賭け金が50ドル増えたら、いったん攻略法を切り上げる。
ルール② 損失額が50ドルを超えたら、いったん攻略法を切り上げる。

など、自身で設定したルールにもとづき、攻略法を扱う事でより勝率をキープしたルーレットが楽しめるかと思います。

2コラム・2ダズン法を使って実際にプレイしてみよう!※実践編

こちらでは、分かりやすく「2コラム・2ダズン法」を適用したプレイ画像を使って説明していきたいと思います。

※ 1チップ=10ドル賭け ルール=50ドルの利益

1ゲーム目

1ゲーム目

1ゲーム目では、初めに決めた1チップあたりの単価(例の場合10ドル)を、ダズンベットから「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」
カラムベットから「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」合計4ヵ所に賭けていきます。
このゲームでの賭け金は、10ドル×4ヵ所と言う事で、40ドルとなります。結果は「28」でダズンベット「3rd 12(25~36)」カラムベット「下一列(2:1)」の2ヵ所が含まれ、配当がそれぞれ3倍ずつのペイアウト金額(支払われた金額)は合計60ドルとなります。
累計損益は、1ゲーム目の賭け金40ドルを引いた金額20ドルとなります。

2ゲーム目

2ゲーム目

続いて2ゲーム目でも、初めに決めた1チップあたりの単価(例の場合10ドル)を、ダズンベットから「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」
カラムベットから「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」合計4ヵ所に賭けていきます。
このゲームでの賭け金は、10ドル×4ヵ所と言う事で、40ドルとなります。結果は「15」でダズンベット2ヵ所ハズレのカラムベット「上一列(2:1)」のみが当たり、配当が1ヵ所3倍のペイアウト金額(支払われた金額)は合計30ドルとなります。
「2ゲーム目の配当金額(30ドル)」+「1ゲーム目までの利益(20ドル)」-「2ゲーム目の賭け金(40ドル)」=10ドルが累計損益となります。

3ゲーム目

3ゲーム目

続いて3ゲーム目でも、初めに決めた1チップあたりの単価(例の場合10ドル)を、ダズンベットから「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」
カラムベットから「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」合計4ヵ所に賭けていきます。
このゲームでの賭け金は、10ドル×4ヵ所と言う事で、40ドルとなります。結果は「31」でダズンベット「3rd 12(25~36)」カラムベット「下一列(2:1)」の2ヵ所が含まれ、配当がそれぞれ3倍ずつのペイアウト金額(支払われた金額)は合計60ドルとなります。
「3ゲーム目の配当金額(60ドル)」+「2ゲーム目までの利益(10ドル)」-「3ゲーム目の賭け金(40ドル)」=30ドルが累計損益となります。

4ゲーム目

4ゲーム目

続いて4ゲーム目でも、初めに決めた1チップあたりの単価(例の場合10ドル)を、ダズンベットから「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」
カラムベットから「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」合計4ヵ所に賭けていきます。
このゲームでの賭け金は、10ドル×4ヵ所と言う事で、40ドルとなります。結果は「25」でダズンベット「3rd 12(25~36)」カラムベット「下一列(2:1)」の2ヵ所が含まれ、配当がそれぞれ3倍ずつのペイアウト金額(支払われた金額)は合計60ドルとなります。
「4ゲーム目の配当金額(60ドル)」+「3ゲーム目までの利益(30ドル)」-「4ゲーム目の賭け金(40ドル)」=50ドルが累計損益となります。

5ゲーム目

5ゲーム目

4ゲーム目ですでに目標の金額(例の場合50ドルの利益)を達成する事が出来ました。
目標金額(ご自身で決めたルール)を達成した時点で、一度攻略法を切り上げ、再度、同じように最初の金額でゲームをくりかえしていきます。

※例の場合では、ダズンベット2ヵ所「1st 12 / 3rd 12」カラムベット2ヵ所「上一列 / 下一列」としていましたが、それぞれダズンベット2ヵ所・カラムベット2ヵ所、計4ヵ所は、ご自身のお好きな場所を設定してみてください。

ちょっとしたコツ】ルーレットを何回か空転(空回し)して出目を確認してから、連続で出る目がありましたら、その数字とダズンベット・カラムベットを見比べ、賭ける場所を決めるのもよいかと思います^^
ただ、空転(空回し)は、リアルのカジノでは少々使い勝手が悪いですので、オンラインカジノならではの方法となります。

2コラム・2ダズン法を検証してみよう!

勝率が良いと言っても、当然外れる可能性も考えられます。ですので、今回は2コラム・2ダズン法が、一体どこまで使える攻略法なのかを検証していきたいと思います。

【検証①】何ゲーム目でルール(目標利益)が達成できる?

※ 1チップ=10ドル賭け ルール=50ドルの利益

検証結果①

検証結果①

ダズンベット「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」カラムベット「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」
合計4ヵ所に10ドルずつ、計40ドルを毎ゲーム賭けていった結果、16ゲーム目でルール(50ドルの利益)が達成する事が出来ました。
なお、完全に外してしまったのは16ゲーム中2ゲームとなります。統計結果はこちらを参考にしてみてください。

統計

統計

ダズンベット「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」、カラムベット「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」に各10ドルずつを賭けた結果、ダズンベット1ヵ所、カラムベット1ヵ所の合計2ヵ所が当たった場合の配当金額は、ダズン・カラムとそれぞれ3倍配当が付きますので、10ドル×3倍+10ドル×3倍となり、合計60ドルが配当金額として得られます。この得られた金額から賭けた金額(10ドル×4ヵ所=40ドル)を引きますと、損益は20ドルとなります。

次に、ダズンベット「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」、カラムベット「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」に各10ドルずつを賭けた結果、ダズンベット1ヵ所、もしくわカラムベット1ヵ所が当たった場合の配当金額は、ダズン・カラムとそれぞれ3倍配当が付きますので、10ドル×3倍となり、合計30ドルが配当金額として得られます。
この得られた金額と賭けた金額(10ドル×4ヵ所=40ドル)を計算すると、損益は−10ドルとなります。

【検証②】何ゲーム目でルール(目標利益)が達成できる?②

※ 1チップ=10ドル賭け ルール=100ドルの利益

検証結果②

検証結果②

ダズンベット「1st 12(1~12)」「3rd 12(25~36)」カラムベット「上一列(2:1)」「下一列(2:1)」
合計4ヵ所に10ドルずつ、計40ドルを毎ゲーム賭けていった結果、31ゲーム目でルール(100ドルの利益)が達成する事が出来ました。
なお、完全に外してしまったのは31ゲーム中2ゲームとなります。統計結果はこちらを参考にしてみてください。

統計

統計

2コラム・2ダズン法、メリットとデメリット

今回の攻略法「2コラム・2ダズン法」の説明した点を簡単にまとめていきたいと思います。

メリット

【1】大損することはないので比較的にリスクが少ない。
【2】ルールを決めることで、長期にわたってルーレットを楽しむことが出来る。

デメリット

【1】大当たりすることはない。(大損もしません)

2コラム・2ダズン法 まとめ

今回は、ルーレット攻略法「2コラム・2ダズン法」と言うものをお伝えしていきましたがどうでしたか?
この攻略法は、やり方がものすごくシンプルな攻略法となりますので、どなたでも気軽に扱える戦略の一つかと思います!しかしながら、シンプルであるためか、この攻略法を紹介している攻略サイトは非常に少ないです。
ですので、今回は、「2コラム・2ダズン法」の魅力が一発で分かる!そんな記事を書かせてもらいました!

「2コラム・2ダズン法」は、検証結果でもお伝えした通り、当たる確率が非常に高く、大損する事がないので期待値が非常に高い戦略となります!
加えて、長期戦に向いている戦略となりますので、長くルーレットを楽しむことが出来るでしょう!
ただ、大損することはないといっても、大きく勝つこともありませんので地道にコツコツと楽しみながら儲けたい!と言うタイプの方に特におすすめする攻略法となります^^
皆さんもぜひ、「2コラム・2ダズン法」を使用してルーレットで楽しめる勝負をしてみてください!

◆今回この記事で使用した画像は、カジノゲーム「Wild Jungle Casino(ワイルドジャングルカジノ)」と言う無料プレイ可能なゲームとなります。ライブゲームの種類も多く、ライブルーレットなどもありますので、ぜひ、本格的なオンラインカジノをお楽しみください^^