ベアビック法を完全解説!勝率94.5%の威力とは?

010bb945

皆さんは楽しくルーレットをプレイ出来ていますか?
負けてしまうと地味に精神的に来るのがルーレットですが、勝率をキープしてルーレットを楽しみたい!勝率94.5%と聞いて興味を持たない方はいないでしょう。
そこまで勝率が高い攻略法…「ベアビック法ってどんな賭け方なの?」と思っているあなたへ。
この記事では、そんなオンラインカジノのルーレットで勝率を上げるために、勝率の高さで1、2を誇る「ベアビック法」という投資法についてお伝えして行きたいと思います。
攻略法をうまく使用して勝てるルーレットを一緒に楽しんでいきましょう!

ベアビック法を使って短期戦で利益を得よう!

ベアビック法の勝率は94.5%!ズバリ、この数値だけでも勝つ為にはベアビック法は必要だと言う事が分かるかと思います。
長期戦にはあまり向かず短期戦で集中し利益を得る攻略方法となりますが、勝率も見ての通り高いため、それをうまく利用することで利益を生ませることも可能となりますね。
外す確率が低い攻略法をうまく使うか使わないかはあなた次第!早速、ベアビック法を見ていきましょう。

ベアビック法、徹底解説!

それでは早速、高確率で勝つことの出来る「ベアビック法」を徹底的に解説していきましょう。

ベアビック法が使える賭けはストレートアップ!

ベアビック法はストレートアップで賭けていく方法となります。
ストレートアップとは、要するに「1点賭け」の事ですね。

ストレートアップの詳しい解説はこちらのページで紹介していますのでご覧ください!

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

ベアビック法の使い方とは…?具体的な例を教えて!

では早速、使い方を説明していきたいと思います。
ベアビック法は初心者に最もオススメと言われているルーレット攻略法の一つとなりますが、それだけに使用方法は至ってシンプルです。

まず、ルーレットには36個の番号があります。そして「0」や「00」等の数字がありますね。
この数字を加えることで、アメリカンルーレットの場合は全部で38個の数字が使用されていて、ヨーロピアンルーレットの方では全部で37個の数字が使用されています。
今回はヨーロピアンルーレットの方で説明していきたいと思います。

気になるベアビック法とは、合計された数字の中から35個の数字を選び、ストレートベット(1点賭け)で賭ける方法となっています。
37個中35個にチップを賭けると言う事で想像できるかと思いますが、94.5%と言って極めて高い勝率を持ちます。

「35個の数字はどんな数字でもいいの?」と思う方もいるでしょう。
勿論、あなたの好きなように選んでチップを賭けると言う事も当然自由です。独自のルールなんかも決めている方もいらっしゃいますよね。

具体的な例・例えばこんなルール

ベアビック法のルールの決め方をいくつか実践したプレイ画像で説明していきたいと思います。

1ゲーム目

1ゲーム目

2ゲーム目

2ゲーム目

1度目のゲームで「26」の数字、2度目のゲームで「16」の数字が出ました。そして今は3度目のゲームです。※1チップ単価:1ドル

3ゲーム目

3ゲーム目

直前のゲーム(2ゲーム目)で出た「16」と「0」を除いた35個の数字に賭ける。

3ゲーム目

3ゲーム目

直前のゲーム(2ゲーム目)で出た「16」とその前のゲーム(1ゲーム目)で出た「26」を除いた35個の数字に賭ける。

3ゲーム目

3ゲーム目

直前のゲーム(2ゲーム目)で出た「16」とランダムに一つ選んだ数字を除き、35個の数字に賭ける。

このような独自のルールを決めている方も多く目にします。

ベアビック法を使用して検証してみよう!

ベアビック法の勝率が本当にあてになるものなのか…こちらを検証していきたいと思います。

検証結果【①】一体、何ゲーム目でハズレが来るのか…?

1チップ当たりの単価を1ドルとして、負けるまでゲームを行った場合…

検証結果1

検証結果1

「16」の数字と「3」の数字を除いた35ヵ所にチップを賭けて検証してみた結果、39ゲーム目で「16」の数字が出たところで負けとなりました。

検証結果2

検証結果2

1度の検証では心もとないですので2度にわたり検証をさせてもらいました。
こちらも1度目の検証と同様、「16」の数字と「3」の数字を除いた35ヵ所にチップを賭けて検証してみました。結果、31ゲーム目で「3」が出たところで負けとなりました。

この検証結果からもわかる通り勝率はあてになるものと判明しました。
結果的に、検証結果1の方では、38ゲーム目まで連勝を続けていたのでその時点での利益は38ドルになり、39ゲーム目で負けてしまったので損失額35ドルを利益から引くと、合計3ドルの儲けになりました。
そして、検証結果2の方を見てみると、30ゲーム目まで連勝を続けていたのでその時点での利益は30ドルになり、31ゲーム目で負けてしまったので損失額35ドルを利益から引くと、合計5ドルのマイナスとなりました。

高確率で勝てると言ってもストレートベットの配当は36倍、賭けるチップ数は35枚ですので、当たった場合の利益は1ドルとなりあまり利益を生みません。
そして何より、外れることもあるのです。確率的には2/37(5.4%)となりますがゲームの回数に置き換えてみると約20ゲームに1度は外すこととなります。
例えば、35個の数字に1ドルずつを賭けていったとします。そして20ゲーム目で負けてしまった場合、19ドルを稼ぎ35ドルが損失となるので一気にマイナスとなってしまうでしょう。
ですので、このベアビック法と言う攻略法を使用するうえで一番大切なのは「引き際を見極める」と言う事になります。

検証結果【②】回数を制限して使用してみたら?

外れる確率は2/37(5.4%)、ゲーム数で置き換えると約20ゲームに1度外すことがある。
と言う事は…この確率を考慮したうえで20ゲームまで行かず10ゲームの短期集中型に変え、賭け金を1チップ当たり1ドルではなく、1チップ当たり10ドルに増やしてみてはどうでしょう?

回数を制限して使用

回数を制限して使用

表を見ると分かる通り、見事に10ゲームと回数を制限させることで利益を生ませつつ終わらせることが出来ました。
この攻略法の使い方は様々ですが、外れる確率が少ないと言うメリットを生かし、短期型で1チップ当たりの単価を上げ勝負に挑む!と言うのが最も効率の良い使用方法となるでしょう。

ベアビック法、メリットとデメリット

これまでの説明を踏まえてベアビック法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

【1】高確率で勝てるため勝率を上げられる。
【2】条件を付けたうえで使用する事により儲けることも可能。
【3】マーチンゲール法の様にマキシマムベットを随時気にすることも無く、上限の範囲内で自由に賭けることが出来る。

マーチンゲール法・マキシマムベットの解説はこちらを参照

>マーチンゲール法をルーレットで徹底研究したら勝てる気がしてきた

デメリット

【1】負けた場合大きな損失になる。
【2】1チップ当たりの単価を1ドルとした場合、利益をあまり生むことが出来ない。
【3】賭けに対して時間制限のあるゲームで35ヵ所を賭けるのは難しい。

ベアビック法、ちょっとした応用

先程デメリットでもお伝えした「時間制限」に関してですが、本場のカジノではゲームが開始するまでの時間、つまりインターバルの時間が限られていますね。
単純に考えますと35枚のチップを35ヵ所に配置するには相当な時間がかかってしまいます。
オンラインゲームのルーレットでは、このインターバル時間が設けられていなく自由に時間を使い賭け金をベットすることが可能ですが、中にはやはりゲーム開始までの時間が定められているものがあります。
その場合のちょっとしたベット法の応用として紹介したいのが、カラムベットを使用した戦略となります。

カラムベットの詳細はこちらに書かれているのでご参考に!

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

カラムベットを使用したベアビック法

カラムベットを使用したベアビック法

1チップを10ドル単価とし、ベアビック法を使用すると35ヵ所にチップを置くこととなりますので、合計350ドルの賭け金を必要とします。
これを応用してカラムベットの3ヶ所中、2ヵ所にチップを配置します。
そして、この場合2ヵ所に置いたチップの単価を10ドルではなく、カラムベットは12個の数字を1グループとしていますので12ヵ所にそれぞれ10ドルを置いた場合を想定し、12ヵ所×10ドルで120チップをそれぞれ2ヵ所に賭けます。
そのあとは、好みの数字2つを省いた残りのヵ所に10ドルずつチップを置くことで、ベアビック法を応用した戦略の完成です。時間が限られているゲームでは、是非こちらを試してみてください!

ベアビック法まとめ

今回は、ルーレット攻略法の一つである「ベアビック法」について詳しく説明させてもらいました。
必ず勝てる必勝法と言うのはないけれど、勝率の高さでは1,2を争うくらいに実力のある攻略法となります。方法がシンプルであるため詳しく解説されているところも少ないですよね~
皆さんには、もっとベアビック法の魅力を知ってもらいたい!そんな思いからこの記事を書かせてもらいました。

負ける可能性は低いものの、万が一負けてしまった場合の損失が大きくなってしまうのがこの攻略法の欠点でもありますが、
負ける可能性が低い(高確率で勝てる)と言うのは紛れもない事実ですので、そちらのメリットを生かし条件をあらかじめ決めたうえで使用してみてください!