オスカーズグラインド法を徹底解説。リスクを抑えて安全に勝て!

020osggh

日本でも着実に人気を集めつつあるオンラインカジノですが、そのゲームの中で、特に人気を誇っているゲーム!それは…「ルーレット」ですよね。
投資法、ベット法などの攻略法も豊富にそろっているルーレットは、一番やりごたえのあるギャンブルゲームとしても有名です。
そんなルーレットで儲けたい!と思っている方に、今回は「オスカーズグラインド法」と言う攻略法を徹底的に解説していきたいと思います。
「オスカーズグラインド法ってどんな攻略法?」と思っているあなたへ!
この記事で紹介する「オスカーズグラインド法」を使って、リスクを抑えた安全なルーレットを楽しんで行きましょう!

オスカーズグラインド法を使って、リスクを抑えながら利益を出そう!

「ルーレットはギャンブル!どうせやるなら、一発大当たりを狙いたい!」そう思っている方もいるでしょう。
スリル感が味わえるのがギャンブルの持ち味と言いますが、皆さんに伝えたいことは、「楽しむこと」
全額失うかもしれないと言うリスクは考えず、まずは、楽しみながらコツコツ儲けるルーレットをプレイしてみてはいかがでしょうか?

今回紹介する「オスカーズグラインド法」と言う戦略は、勝敗の回数では結果が分からない攻略法となっています。
例え、ゲームで負けた回数が勝った回数を上回っていたとしても、利益を出すこのと出来る攻略法なんですね!
また、皆さんが一番心配になる点は、やはり「賭け金」だと思うのですが、この賭け金も一気に跳ね上がる!なんて事にはならないので、非常にリスクが少ない戦略となっています。
大負けの心配はなし!「オスカーズグラインド法」を使って、安全に着実とゆっくり利益を出しながら儲けていきましょう!

オスカーズグラインド法、徹底解説!

それでは早速、オスカーズグラインド法の魅力をたっぷりとお伝えしていきたいと思います。

オスカーズグラインド法が効果を発揮するのは、配当2倍!

オスカーズグラインド法が最も効果を発揮する賭けは、オッズ2倍(配当2倍)の賭けとなります。※オッズは倍率と言う意味です。
つまり、勝率が2分の1ある、確率が半々の賭けに使用する戦略となっていますね!
ルーレットの勝率2分の1の賭けには、赤と黒どちらかにチップを賭けると言う「赤黒賭け」なんかもありますね~

その他、勝率2分の1(確率半々)の賭け方については、こちらに詳しく説明してありますので見てみてください^^

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

オスカーズグラインド法、使い方

オスカーズグラインド法と言う攻略法は、別名「逆ピラミッド法」とも言われています。
ピラミッド法(ダランベール法)と言う攻略法に聞き覚えがある方はいるでしょうか?「逆ピラミッド法」と呼ばれているように、戦略内容はピラミッド法を逆にした形の攻略法となります。
つまり、ピラミッド法の特徴である『勝った時に賭け金を1単位減らす』と言うルールを逆にし、『勝った時に賭け金を1単位増やす』のが「オスカーズグラインド法」となります。

ピラミッド法(ダランベール法)と異なる点は、負けた場合の賭け金です。
『負けた時に賭け金を1単位増やす』のがピラミッド法の特徴なのですが、オスカーズグラインド法では、負けた場合は、前回のゲームの賭け金と同じ単位の金額を賭けていきます。
ピラミッド法と違い、勝った場合のみ賭け金を増加していきますので、負け続けたとしても1ゲーム当たりの賭け金は増えません。ですので、ピラミッド法よりも比較的に安全で扱いやすい攻略法となりますね。

ピラミッド法の詳しい説明は、こちらに書いてあります。ぜひ、目を通してみてください^^

>ピラミッド法(ダランベール法)を徹底検証!少ない額で堅実に稼ぐ!

オスカーズグラインド法、ゲームの進め方

【賭け金の設定】

まずゲームを開始する前に、「1単位当たりの賭け金の設定」をしておきます。※大きすぎる金額を設定すると利益は高くなりますが、リスクもそれだけ高くなっていきます。
こちらでは、1単位当たりの賭け金を「5ドル」としておきましょう。

【ゲームに勝った場合】

ゲームに賭けた金額に、さらに1単位の賭け金を増やしゲームに挑みます。
こちらでは、1単位当たりの賭け金を5ドルと設定しましたので、勝った場合の次のゲームの賭け金は「10ドル」となります。

【ゲームに負けた場合】

賭け金を変えずに同じ金額を賭けて、ゲームに挑みます。
例えば、5ドル賭けて負けてしまった場合の次のゲームの賭け金は「5ドル」。10ドル賭けて負けてしまった場合の次のゲームの賭け金は「10ドル」ということになりますね。

ポイント① ゲームに勝った場合、1単位の賭け金を増やし次のゲームを開始する。
ポイント② ゲームに負けた場合、金額は変えずに前回と同じ金額で次のゲームを開始する。

オスカーズグラインド法、ルール(賭けをやめるタイミング)

オスカーズグラインド法には次のルールがあります。

【ルール①】

【・】勝ち負けのトータル金額が±0(プラスマイナスゼロ)となった場合、最初の賭け金に戻す。
つまり、勝ちと負けが同じ回数となった場合、最初の賭け金に戻し攻略法を再スタートさせると言う事になりますね!

イメージ的にはこんな形になるかと思います。

基本の考え

基本の考え

【ルール②】

利益が出たら一度攻略法を切り上げる(最初の賭け金に戻す)

ポイント① 勝ち負けの金額が±0(プラスマイナスゼロ)となった時点で、攻略法を切り上げる。
ポイント② 利益が出たら攻略法を切り上げる。

オスカーズグラインド法を使って実際にプレイしてみよう!※実践編

文字だけではイメージも付きにくいかと思います。
ですので、よりわかりやすく実際にオスカーズグラインド法を使用した画像を元に説明していきたいと思います!

【1単位当たりの賭け金】5ドル

 1ゲーム目

1ゲーム目

まず初めに、あらかじめ決めておいた1単位当たりの金額を賭けてゲームを開始します。※こちらでは、1単位当たりの金額を5ドルとしてますので、5ドルを賭けていきます。
この時のゲームの結果は「黒」。勝敗は負けとなりました。

2ゲーム目

2ゲーム目

続いて2ゲーム目は、1ゲーム目で負けてしまったので、賭け金の額は変えずに1ゲーム目と同じ金額を賭けてゲームを開始します。※こちらでは、1単位当たりの金額を5ドルとしてますので、5ドルを賭けていきます。
この時のゲームの結果は「赤」。勝敗は勝ちとなりました。

 3ゲーム目

3ゲーム目

続いて3ゲーム目は、2ゲーム目が勝ましたので、2ゲーム目の賭け金に+一単位加えた金額を賭けてゲームを開始します。※1ゲーム目の賭け金(5ドル)に1単位当たりの金額(5ドル)を加えた10ドルを賭けていきます。
この時のゲームの結果は「黒」。勝敗は負けとなりました。

 4ゲーム目

4ゲーム目

続いて4ゲーム目は、3ゲーム目で負けてしまったので、賭け金の額は変えずに3ゲーム目と同じ金額を賭けてゲームを開始します。※3ゲーム目の賭け金(10ドル)、4ゲーム目も同じ10ドルを賭けていきます。
この時のゲームの結果は「赤」。勝敗は勝ちとなりました。

5ゲーム目

5ゲーム目

続いて5ゲーム目ですが、1ゲーム目≪負け≫、2ゲーム目≪勝ち≫、3ゲーム目≪負け≫、4ゲーム目≪勝ち≫と、トータル結果が「勝2回、負2回」となりましたので、ルールにもとづき1セットを終了させ、攻略法を再スタートさせます。

オスカーズグラインド法を検証してみよう!

攻略法を効率よく扱うために、どんな時にフリになるのか、どんな時に強いのか、オスカーズグラインド法の勝ち負けのパターンを検証していきたいと思います。

【検証①】5勝5敗(5連敗→5連勝)

勝ち負けが同じ回数となった時点で切り上げる攻略法ともなりますので、5連敗した後に5連勝をし、切り上げたを行った場合、どのような形になるかを検証してみました。※1単位=5ドル

5連敗したのち、5連勝した場合(5勝5敗)

5連敗したのち、5連勝した場合(5勝5敗)

5連敗時(5ゲーム目)の損失額は、-25ドル。そして、5連勝時(10ゲーム目まで)の利益は、50ドル
勝ち負けの回数が5勝5敗と同等な回数だとしても、損失額より利益の方が確実に上をいっていますね!このパターンは有効と言う事でしょう。

【検証②】5勝5敗(5連勝→5連敗)

先ほどの5連敗後からの5連勝を逆にしたパターンで見ていきたいと思います。

5連勝したのち、5連敗した場合(5勝5敗)

5連勝したのち、5連敗した場合(5勝5敗)

5連勝時(5ゲーム目)の利益は、75ドル。そして、5連敗時(10ゲーム目まで)の損失額は、-75ドルとなりました。
この結果から分かるように5連勝した場合でも、後に5連敗してしまえば累計損益はマイナスとなってしまいますね。
ですので、一番の解決策は、5連勝した段階で利益は十分に出ているので止める。または、利益が出ている時点(7ゲーム目まで)で、いったん攻略法を切り上げる。と言う事になります。

【検証③】負けた回数が勝った回数を上回っても利益が出る場合

続いて、オスカーズグラインド法の最も特徴的な「負けた回数が勝った回数を上回ったとしても利益がでる」と言うパターンについて検証していきたいと思います。

負けが勝ちを上回っても利益が出るパターン

負けが勝ちを上回っても利益が出るパターン

全10ゲームを行った結果、負けた回数が6回、勝った回数が4回と、勝ち数よりも負け数の方が上回っていたとしても利益を出すことに成功しました。

オスカーズグラインド法、ちょっとした工夫

ここでは、オスカーズグラインド法を少し改良した形のものをご紹介していきたいと思います。

【工夫①】損失額をより抑えたオスカーズグラインド法

勝った場合に、1単位の賭け金を上乗せしてゲームに挑むオスカーズグラインド法。負けた場合は賭け金を変えずに、そのまま前回の金額を賭けてゲームを開始するわけですが、そこを少し変えていきます。
負けた場合に前回の賭け金を繰り返し賭けていく形ではなく、1単位を減らした金額をゲームに賭けていきます。※1単位5ドルの設定で10ドル賭けて負けた場合、1単位を減らした金額5ドルが賭け金となる。
このような形で賭けていくことで、負け続けた場合に同じ金額を賭けていくパターンと比べ、賭け金や損失額も抑えることが出来るでしょ

【工夫②】負け続けてしまった時、損失額を取り戻すことが困難となった場合

損失額がいきなり跳ね上がる事がないと言っても、負けが続いてしまうと地道にマイナス額も加算されていきますよね~
通常、勝った場合に1単位の賭け金を上乗せしていくオスカーズグラインド法ですが、上乗せする賭け金を1単位→2単位とすることで、もし連敗が続いて損失額を取り戻すことが困難となった場合でも、取り戻すことが可能となります。※単位を増やすことでリスクは高ります。

例えば、このような形です。

勝った場合に1単位→2単位と増やしていく

勝った場合に1単位→2単位と増やしていく

加算されて行ったマイナス額(35ドル)を取り戻すために、
8ゲーム目で勝った場合、9ゲーム目の賭け金は「8ゲーム目の賭け金+1単位(5ドル)」※これは通常の方法と変わらない。
そして、9ゲーム目でも勝った場合は、10ゲーム目の賭け金を「9ゲーム目の賭け金+2単位(5×2)」と増やすことで、±0(プラスマイナスゼロ)に持って行くことも可能となります。
±0(プラスマイナスゼロ)となった時点で、一度攻略法を切り上げ、立て直しつつ攻略法を再スタートさせるといいでしょう。

オスカーズグラインド法、メリットとデメリット

これまで説明してきたオスカーズグラインド法を、わかりやすくメリット・デメリットとして簡単にまとめていきたいと思います。

メリット

【1】勝った回数よりも負けた回数の方が多かったとしても利益を出す事が可能。
【2】負けた場合、賭け金の変化がないので、一気に損失額が膨れ上がることはない。
【3】じっくり着実に儲けを増やすことが出来る。

オスカーズグラインド法のメリットは、なんといっても「勝った回数より負けた回数が多くとも利益を出すことが出来る」と言う点でしょう。
ルールにもとづいた一連の賭け(セット)が終わることで、1単位の利益は保証されますし、賭け金もいきなり跳ね上がることはないので比較的にリスクを抑えた攻略法となります。

デメリット

【1】負け続けてしまうと1セットが長期戦になるため、損失額を取り戻すの困難となる。

オスカーズグラインド法 まとめ

今回の記事では、「オスカーズグラインド法」と言うルーレットで使用できる戦略を、詳しく説明させてもらいました。
「聞いたことが無かった」と言う声も多いでしょう。攻略法の中でも知名度が低い投資法となりますので、攻略サイトを覗いてみてもあまり目にしない攻略法となるかと思います。

勝った場合のみに賭け金を1単位追加していく攻略法となりますので、負けた場合に一気に賭け金が跳ね上がると言う心配はありませんし、比較的にリスクを抑えた投資法となります。
ルーレットを楽しむためには、安心して賭け金をベットすることも大切だと思いますが、この攻略法「オスカーズグラインド法」ではそれが可能となっています。
皆さんも、ぜひ、安定感のある楽しめるルーレットをプレイしてみてください!

◆なお、今回この記事で使用した画像は、「Wild Jungle Casino(ワイルドジャングルカジノ)」と言う、無料プレイ可能なカジノゲームですので、皆さんもぜひ試してみてください^^