ピラミッド法(ダランベール法)を徹底検証!少ない額で堅実に稼ぐ!

018pirmd

皆さんは、ルーレット投資法の一つ「ピラミッド法」別名、ダランベール法と言う戦略を聞いたことがありますか?
どのカジノサイトでも詳しく扱っているところが少なく、あまり聞かない攻略法なのでどんな戦略なのか気になる方も多いでしょう。
そんなオンラインカジノ、ルーレットの攻略法「ピラミッド法(ダランベール法)が知りたい!」と思ったあなたへ。

この記事では、「ピラミッド法(ダランベール法)」の戦略内容を徹底的にお伝えしていきたいと思います。
資金の増減が他の攻略法と比べ、比較的に緩やかな戦略となりますのでルーレットを楽しむには欠かせない攻略法の一つです。
皆さんも、ぜひ、ピラミッド法(ダランベール法)の魅力を知って楽しくルーレットをプレイしてみてくださいね!

ピラミッド法(ダランベール法)を使って長くルーレットを楽しもう!

オンラインカジノのルーレット攻略法と言ったら、一番有名なので「マーチンゲール法」と言うものがありますよね~
とにかく、勝つまで倍賭けを繰り返していくのがマーチンゲール法、1ドルから始まった賭けでも、負け続けることによって1ドルが2ドルへ、2ドルが4ドルへ、4ドルが8ドルへと倍に倍に賭け金が増えていく攻略法となりますので、勝った時点で負け額が全て取り返せるからと言っても、すぐに焦ってしまう額に膨らんでしまうのがこの攻略法の欠点ですよね;;

マーチンゲール法については、こちらで詳しく解説してありますのでご参考に^^

>マーチンゲール法をルーレットで徹底研究したら勝てる気がしてきた

つまり、何が言いたいかといいますと、王道な攻略法だけではないという事なんですね。
ルーレット攻略法の中には、確実に実戦向けな攻略法なんかもあります。今回紹介する「ピラミッド法」通称、ダランベール法もその攻略法の一つとなります。
マーチンゲール類の攻略法と比べ、比較的に資金の増減が緩やかなため、長くルーレットがプレイできる!なおかつ、楽しむことが出来る!と言うのがこの攻略法の特徴でもありますね!
どうせルーレットをプレイするなら、楽しくプレイしたいですもんね~
ですので、今回はピラミッド法(ダランベール法)の魅力を精いっぱい伝えていきたいと思います!

ピラミッド法(ダランベール法)、徹底解説!

皆さんも気になっているかと思いますので、早速ピラミッド法(ダランベール法)を徹底的に解説していきたいと思います!

ピラミッド法(ダランベール法)が効果を発揮するのは、配当2倍!

ピラミッド法(ダランベール法)の攻略法を適用してルーレットをプレイするときは、配当2倍(勝率2分の1)の賭けで使用することで、効果をより発揮する事が出来ます。
ルーレットの配当2倍(勝率2分の1)の賭けには、赤黒賭けや奇数/偶数の様な賭け方がありますね!
配当2倍賭けについては、こちらで詳しく解説してありますので、暇な時にでも読んでみてください^^

>オンラインカジノのルーレットのルール完全解説!11通りの賭け方

ピラミッド法(ダランベール法)、使い方

こちらの攻略法は、すごくシンプルな内容となっています。
ルールはたった2つ!負けた場合に賭け金を1ドル増やし、勝った場合には賭け金を1ドル減らすと言う、とても単純なルールとなっています。

ピラミッド法(ダランベール法)、ゲームの進め方

【賭け金の設定】

まず初めに1チップ当たりの単価の設定をします。≪例≫1チップ=1ドル
この時、あまり大きすぎる単位(100ドルなど)を設定してしまうと、最初の資金が大きいせいであとあとピラミッド法(ダランベール法)の効力が体感できなくなってしまいますので、注意が必要です。
※ピラミッド法(ダランベール法)の勝ち負けの際に増減する金額は固定で1ドルのため

【ゲームに勝った場合】

ゲームに勝った場合は、1ドルを減らしていきます。
≪例≫4ドル賭けて勝った場合→次のゲームの賭け金は3ドル→2ドル→1ドル…と言った形になります。

【ゲームに負けた場合】

ゲームに負けた場合は、1ドルを増やしていきます。
≪例≫1ドル賭けて負けた場合→次のゲームの賭け金は2ドル→3ドル→4ドル…と言った形になります。

ポイント① 勝負に勝ったら1ドル減らし、合計した数値を次のゲームに賭ける。
ポイント② 勝負に負けたら1ドル増やし、合計した数値を次のゲームに賭ける。

ピラミッド法(ダランベール法)を使って実際にプレイしてみよう!※実践編

分かりやすくピラミッド法を適用してルーレットを進行していった画像を用いて説明していきたいと思います。※ 1チップ=1ドル

 1ゲーム目

1ゲーム目

まず、1ゲーム目では初めに決めたチップの単価(1ドル)を賭けてゲームを開始します。
結果→黒で負け

 2ゲーム目

2ゲーム目

続いて2ゲーム目では、1ゲーム目が負けてしまったので1ゲーム目の賭け金(1ドル)に1ドルを増やした金額2ドル)を賭けてゲームを開始します。
結果→黒で負け

 3ゲーム目

3ゲーム目

続いて3ゲーム目では、2ゲーム目が負けてしまったので2ゲーム目の賭け金(2ドル)に1ドルを増やした金額3ドル)を賭けてゲームを開始します。
結果→赤で勝ち

 4ゲーム目

4ゲーム目

続いて4ゲーム目では、3ゲーム目が勝ましたので3ゲーム目の賭け金(3ドル)から1ドル減らした金額2ドル)を賭けてゲームを開始します。
結果→赤で勝ち

 

5ゲーム目

5ゲーム目

続いて5ゲーム目では、4ゲーム目が勝ましたので4ゲーム目の賭け金(2ドル)から1ドル減らした金額1ドル)を賭けてゲームを開始します。
結果→赤で勝ち

 

6ゲーム目

6ゲーム目

続いて6ゲーム目では、5ゲーム目が勝ましたので、本来なら5ゲーム目の賭け金から1ドル引いた金額を賭ける事になるのですが、5ゲーム目の賭け金(1ドル)から1ドルを引いてしまうと0ドルとなってしまうため、
賭け金が1ドルとなった時点で、それ以上減らすことが出来なくなりますので、その場合、1ドルをひたすら賭けて利益を出していきます。

◆使用した画像は、カジノゲームWild Jungle Casino(ワイルドジャングルカジノ)「3D ルーレット」

ピラミッド法(ダランベール法)を検証してみよう!

理論上、無敵!とされる攻略法でも、実は必ず勝てると言ったものでは無かったりするんですね~
ですので、ここではピラミッド法(ダランベール法)の勝ち負けのパターンを検証していきたいと思います。

【検証①】5勝5敗(連敗からの連勝)※1ドル賭け

10ゲームをめあすに、初めに5連敗した後に5連勝した場合、どのような結果になってくるのかを検証してみました。それでは、表をご覧ください。

5連敗からの5連勝

5連敗からの5連勝

5連敗(5ゲーム目)の累計損益は-15ドルと結構な損失となっていますが、その後、5連勝した結果、最終的には+5ドルと利益を出すことに成功しました。
勝ち負けの回数が同じであっても連敗した後の連勝には強い!と言うのがこのピラミッド法(ダランベール法)の特徴と言えますね!

【検証②】5勝5敗(連勝からの連敗)※1ドル賭け

続いては先程の逆パターン、同じ5勝5敗でも連勝が先に来た場合、どのような結果になるのかを検証してみました。それでは、表をご覧ください。

5連勝からの5連敗

5連勝からの5連敗

やはりと言った結果になりましたね…連敗よりも先に連勝が来てしまった場合は、最終的に累計損益がマイナスと出てしまう事が分かりました。
この攻略法で利益を出すなら、「スタート時に連勝へ持って行く」と言う事がミソになってくるかと思います。

【検証③】5勝5敗(連勝からの連敗)※10ドル賭け

続いて、先ほどの検証②の5勝5敗(連勝からの連敗)を1ドル賭けではなく、10ドル賭けで賭けていった場合はどうなるのか?と言う事を検証してみました。意外な結果となりました!それでは、表をご覧ください。

5連勝からの5連敗 ※10ドル賭け

5連勝からの5連敗 ※10ドル賭け

5連勝(5ゲーム目)では、40ドルと大きな利益を出しているのが分かるかと思います。また、5連勝が続いた後に5連敗が来てしまったとしても、最終的に累計損益はプラスのまま保つことができました。
ピラミッド法(ダランベール法)を使用して、連勝後に連敗が来た時にマイナスとなってしまうのは、1ドル賭けの場合のみ。と言う事が分かりましたね!

【検証④】5勝5敗(勝ち負け交互)

続いては、5勝5敗で負け→勝ちと、勝ち負けが交互となってしまった場合のパターンを検証してみました。それでは、表をご覧ください。

勝ち負けが交互

勝ち負けが交互

勝ち負けが同じ回数だとしても、交互となった場合、利益を出すことに成功しました。

【検証⑤】8勝2敗(勝ち越し)

続いて勝ち越した場合のパターンを見ていきましょう。

勝ち越した場合

勝ち越した場合

さすがに、2連敗したと言ってもその後、8連勝もしてしまえば確実に利益は出すことが出来ますね!

【検証⑥】2勝8敗(負け越し)

続いて先ほどの逆のパターン、2勝した後に8連敗で負け越した場合を見ていきましょう。

負け越した場合

負け越した場合

勝ち越した場合の利益と負け越した場合の損失を比べると、全く違ってくるのが分かるかと思います。
8勝2敗(勝ち越し)をひっくり返して、2勝8敗(負け越し)にしただけで、こんなにも結果が変わってきてしまいます。

なら、どこまでの連敗(負け越し)なら損失を出さずにプレイできるのか?と、気になる方もいるでしょう。
万が一、負け越しの結果となってしまった場合でも初めに4勝さえしてしまえば、その後、6連敗が続き負け越した場合でも1ドルの利益を残すことが可能となります。

ピラミッド法(ダランベール法)は、このような検証結果から、とても効果的に扱える実戦向きの堅実な攻略法と言う事が分かりました。

ピラミッド法(ダランベール法)、メリットとデメリット

ピラミッド法の説明をメリット・デメリットとして簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

メリット

【1】比較的に資金の増減が緩やか。
【2】4勝さえ初めにしてしまえば、その後、6連敗したとしても利益を出すことが出来る。

デメリット

【1】勝率が極端に良いと利益が少なくなってくる。
【2】勝率が極端に悪いと損失が大きくなってくる。

ピラミッド法(ダランベール法) まとめ

今回は、ピラミッド法(ダランベール法)と言うルーレット攻略法を徹底的に説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?
1ドルを減らしたり増やしたりと単純な方法であるため、詳しく解説されている攻略サイトもあまり見かけないかと思いますが、やはり、どんな戦略なのか気になってしまいますよね!
ですので、この記事では、遊び方から勝ち負けのパターンまで、徹底的にまとめて精いっぱい魅力を伝えさせていただきました!
最初の資金設定(投資額)を見誤ってしまうと、勝ち負けの際に増減する賭け金(1ドル)により、ピラミッド法(ダランベール法)の効果があまり感じられなくなってしまうかと思いますので、楽しむために、ぜひ、少ない賭け金でこの攻略法の威力を実感してみてください!

なお、ピラミッド法(ダランベール法)は、勝率2分の1などのオッズ(確率)2倍の賭けに対して有効な投資法となりますので、バカラやブラックジャックなどにも適用可能となります。